日赤病院に看護師として採用されるためには

日赤とは、日本赤十字社の略称で、1952年に制定された日本赤十字社法によって設立された認可法人です。

日本で赤十字活動を行う唯一の団体で、名誉総裁には美智子皇后が就任されています。

主な活動としては、国内外の災害時における救援・救護活動、赤十字病院の運営などがあり、阪神淡路大震災や東日本大震災などでも、さまざまな活動をしていたのを目にした人も多いのではないのでしょうか。

では、日赤で看護師として採用されるには、どのようにしたらよいのでしょう。

日赤で看護師として採用されるためには、当然のことながら、看護師としての国家資格が必要となります。

専門学校や大学の看護学科などで資格を取得後、<日赤病院の看護師採用試験を受けましょう。

主な試験内容としては、筆記試験・面接・小論文などですが、病院によって異なりますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

試験内容や採用倍率については非公開ですが、日赤で看護師として働きたい。

という意識をしっかりと持って、採用試験にのぞむことが大切です。

また、日赤ではパートや嘱託職員として看護師採用が行われることもあります。

インターネットやハローワークなどで探してみると、採用情報をチェックすることができますので、日赤に看護師として採用されたい人は、ぜひこまめにチェックすることをおすすめいたします。

いずれにせよ、日赤で看護師として働きたいという意識を明確にし、目標に向かって突き進むことが重要ですので、試験を受けるために、しっかりと備えていきましょう。

2009-03-25テーマ『日赤』のリスト. You can follow any responses to this entry through the feed. You can leave a response, or from your own site.

Leave a Reply