アスペルガー症候群の社会性の診断に関して

肥満の人を見ると、「本当の肥満である」、「デブだ」という直接的な言葉を使用します。
その言葉は相手の感情を傷つけていることをよく知らないからです。
私たちが注意しなければならないのはアスペルガー症候群の子供たちは、悪意を持って意図的に言葉を発していないということです。
ただ、社会的ルールを知らないので、素直に「事実」を言うだけです。
正直すぎる子供という表現がいいでしょう。
大人でも子供でも社会生活をするのには、暗黙のルールがあります。
暗黙のルールを知らないので、他の子供たちからいじめを受けるアスペルガー症候群の子供が多いのです。
子供同士、いくつかの内緒話は楽しい遊びであり、わざわざ確認する必要もない子供同士の秘密です。
これらの暗黙的なルールを知らずに大人に、子供たちの秘密を言ってしまうことがアスペルガー症候群の子供です。
友人を裏切ったも認識も悪意もないのが特徴です。
同じ年齢の子供たちと波長が合わない。
幼児期には、他の子供と遊ぶより一人で遊びを好むが、多くのアスペルガー症候群の子供たちは成長しながら、他の子供たちに関心を持ち始めます。
ただ、同じ年齢の子供たちとの遊びは苦手のため幼い子供たちを連れて遊ぶのが好きです。
また、自分が意図するように、他の人が遊んでくれる間は遊ぶが、自分の思い通りに応じてくれなくなると、再び、一人遊びに戻っていくのも特徴の一つです。

2013-10-22テーマ『adhdアスペルガー』のリスト. You can follow any responses to this entry through the feed. You can leave a response, or from your own site.

Leave a Reply